企業ネットワーク最前線

【コーンズ・エージー】酪農現場で活躍する“最強”のタフネススマホ「TORQUE」

文◎太田智晴(編集部) 2014.11.06

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

酪農機器の専門商社であるコーンズ・エージーの社員が求めたのは、落下、粉塵、雨水などに負けないタフなスマートフォン。その期待に応えたのは、KDDIのAndroidスマートフォン「TORQUE」だった。同社は今後、基幹システムのモバイル化推進など、TORQUEをベースにIT活用を一気に飛躍させていく考えだ。

スマートフォン市場で圧倒的な人気を誇るiPhone。ビジネスシーンにおいても、iPhoneを導入する企業が多数派を占めている。

北海道恵庭市に本社を構えるコーンズ・エージーも、iPhone導入でほぼ固まりつつあった。最終プレゼンの当日までは――。

 

コーンズ・エージー本社
北海道恵庭市にあるコーンズ・エージーの本社。酪農の本場である北海道に10拠点、岩手・栃木・群馬・熊本・宮崎・東京に各1拠点を構えている

 

必要だったのは「落としても、汚れた手で操作しても、壊れないスマホ」

コーンズ・エージーは1861年(文久元年)、創業者のフレデリック・コーンズ氏が、横浜の外国人居留地で同社の親会社コーンズ・アンド・カンパニーの前身を創業したのが始まりだ。

以来、様々な分野に進出しながら、世界中の優れた製品を日本に展開してきたコーンズ・アンド・カンパニー。フェラーリやロールス・ロイス、ベントレーなどの超高級車を販売するコーンズ・モータース、電子デバイスや精密機械等を扱う技術専門商社のコーンズ テクノロジーといったグループ会社を擁している。

そのなかにあって、Agriculture(農業)の最初の2文字「AG」を社名に付けたコーンズ・エージーは、1968年に設立された酪農機器の専門商社である。収穫機械や搾乳機器、搾乳ロボット、自動給餌機、ふん尿処理機械、牛舎用設備、トラクターなど、酪農先進国である欧米を中心とした世界各国より最新機械を輸入し、その販売・サポートを行っている。

 

自動給餌機 トラクター
牧場の牛舎内で稼働するコーンズ・エージーが納入した自動給餌機 コーンズ・エージー本社で出荷を待つランボルギーニのトラクター



すなわち、コーンズ・エージーの社員の“現場”は牧場だ。牛舎内で酪農家と商談したり、寒風が吹きすさぶなか、泥や油にまみれて酪農機械のメンテナンスを行ったりするのが、同社社員の仕事である。だからこそ、代表取締役社長の南部谷秀人氏は、スマートフォンの選定にあたって堅牢性にこだわった。

「iPhoneは私も使っており、もちろん優れた端末だと思っています。しかし、私たちの現場には、スマート過ぎます。落としても壊れない耐衝撃性や、汚れた手で操作しても壊れない防塵性など、堅牢なスマートフォンが我々には必要でした」(南部谷氏)

 

 

コーンズ・エージー 代表取締役社長 南部谷秀人氏
コーンズ・エージー 代表取締役社長 南部谷秀人氏



最終プレゼン中の社長の一言により、振り出しへ戻ったかに見えた機種選定。しかし、同社に最適なスマートフォンは、実はちゃんと候補の1つとして用意されていた。KDDIのタフネススマートフォン「TORQUE(トルク)」である。

その場で実際に床に落とし、TORQUEの頑丈さを自ら確認した南部谷氏。2014年8月末、コーンズ・エージーは管理部門なども含む全社員約170名にTORQUEを導入した。

 

スペシャルトピックスPR

softbank1710
recomot1710
IBM1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】セルラーLPWAでGO!
●LTE-MとNB-IoTの違い/●世界のセルラーLPWA商用展開マップ/●注目セルラーLPWA事例 ほか

◆[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 大野友義氏「対話型AIであらゆる生活を革新」 ◆LTEコードレス「sXGP」- 自営PHSから自営LTEへ ◆OTTも参戦!海底ケーブル市場の今 ◆ネットワーク監視ツール ◆働き方改革で拡大する法人スマデバ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
yamaha_YSL_V810

スペシャルトピックス

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ms
iot15
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます