企業ネットワーク最前線

「iPhone×作業現場」が解決した3つの課題とは?――店舗デザイン設計・施工会社、バウハウス丸栄のモバイル活用

文◎百瀬崇(ライター) 2014.11.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

店舗のデザインや設計、内装などを事業とするバウハウス丸栄。内勤者を除く全社員にiPhoneを貸与し、外出先から社内のイントラネットに接続できる環境を構築した。これにより、社員の業務効率は大幅に向上。“働きやすい”職場環境を実現している。

バウハウス丸栄では毎年1回、社員が直接、経営者に要望を伝える「自己申告書」という制度を設けている。同社 代表取締役社長である三ヶ尻大介氏の「社員が働きやすい会社にしたい」という思いを具現化するためだ。

 

バウハウス丸栄 代表取締役社長 三ヶ尻大介氏
バウハウス丸栄 代表取締役社長 三ヶ尻大介氏



同社は2012年4月、350名の社員のうち、内勤者を除く318名にフィーチャーフォンを支給したが、これも「携帯電話料金の個人負担が多いので、会社から携帯電話を貸与してほしい」という意見が社員から自己申告書を通して寄せられたからだった。

それから約1年半が経過した2013年秋、フィーチャーフォンの契約の満期が近付いた同社では、この次もフィーチャーフォンに機種交換するのか、それともスマートフォンを導入するかの議論が起きる。その結果、選んだのはスマートフォン。「『今度はモバイルを活用し、業務効率を改善していくことが重要』という結論に至ったのです」と業務管理部 部長の小森克英氏は説明する。

 

 

フィーチャーフォン時代、バウハウス丸栄には3つの課題が存在した。

1つは、外出先で社内メールをチェックできなかったことだ。担当している店舗の工事が始まると、社員は作業現場に基本的に常駐することになる。ところが、社内メールを外出先でチェックできる環境が整備されていなかったため、社員はメールチェックのためだけにオフィスへ戻っていた。

2つめは、フィーチャーフォンの管理が困難だったことである。バウハウス丸栄では、業務管理部がその管理を担当していたが、社員がどのようにフィーチャーフォンを使用しているのかは、事実上、管理できていなかったという。

3つめは、作業現場に常駐している社員が社内会議に参加できなかったことである。会議に参加するのか、現場で作業を続けるのか――毎回、二者択一を求められていた。

「2013年12月にテレビ会議システムを全国の拠点に導入する計画を立てており、モバイル端末からテレビ会議に参加できるようにしたいとも考えていました」(小森氏)という。

 

岐阜県岐南町にあるバウハウス丸栄の本社 バウハウス丸栄の本社内。木のぬくもりが感じられる美しいデザインだ
岐阜県羽島郡岐南町にあるバウハウス丸栄の本社 バウハウス丸栄の本社内。木のぬくもりが感じられる美しいデザインだ

 

山間部でもつながるKDDIのネットワークを評価

新しいモバイル端末を決めるにあたり、バウハウス丸栄では携帯電話事業者3社からスマートフォンとフィーチャーフォンの提案を受けた。その結果、3つの課題を解決できるのはスマートフォンであると判断。iPhoneかAndroidかについては、セキュリティ面に優れるiPhoneを選択した。

携帯電話事業者に関してはKDDIを選んだが、その理由として小森氏が挙げたのは「会社の姿勢」だ。「プレゼンに臨む姿勢に惹かれました。担当者の熱意が強く感じられ、信頼できる会社だと思い、KDDIとお付き合いしたいという気持ちになりました」。さらに、KDDIの充実したネットワークやアフターフォロー体制も評価した。

フィーチャーフォンからiPhoneへの切り替えは、2014年1~2月にかけて行ったが、このとき早速、KDDIのサポートが役に立ったという。

「社員向け説明会の開催前に、iPhoneの初期設定方法を文書で伝えたのですが、年齢の高い社員からは『分かりにくい』と言われてしまいました。しかし、KDDIがテレビ会議システムを使って丁寧に説明してくれたことに加え、導入初日には当社に待機して社員からの質問に懇切丁寧に答えてくれたおかげで、スムーズにiPhoneへの切り替えが進みました」と小森氏は話す。

また、ネットワークについては、同社 業務管理部の笠原弘基氏がこう話す。「フィーチャーフォン時代には、新幹線での移動時や山間部では電波がつながらないことがありました。しかし、KDDIのiPhoneを導入してからは、そういったことがなくなりました」。KDDIを選定したことは正しい判断だったと実感しているという。

 

バウハウス丸栄 業務管理部 笠原弘基氏
バウハウス丸栄 業務管理部 笠原弘基氏

スペシャルトピックスPR

hpearuba1711
watchguard1711
logicool1709

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます