企業ネットワーク最前線

ワークスタイル変革Day 2014 レポート

OKI丸井氏「時間・場所・デバイスにとらわれない柔軟な働き方をoneUCで実現」

文◎百瀬崇(ライター) 2014.10.03

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

OKIの丸井武士氏は9月4日に開催された「ワークスタイル変革Day 2014」で、「いつでもどこでも、どんなデバイスを使っても働けるようにすることがワークスタイルの変革につながる」と、具体的な活用例を挙げながら同社のUCシステムの特徴などについて紹介した。


OKIの丸井氏は、ワークスタイル変革が今求められている理由を3つ挙げる。

1つめは会社の経営課題を解決するため。事業のグローバル化とそれに伴う社員の働き方の変化、そしてITセキュリティの高度化などへの対応が迫られている。

2つめはオフィスツールの基盤整備を行うため。コミュニケーションやコラボレーションの基盤を見直すだけでなく、ビッグデータを活用するための基盤を作ったり、ハイブリッドクラウドを各種基盤と組み合わせたりする必要がある。

3つめは働く人の価値観が変化しているため。働きやすい仕事環境や相手に対して思いやりを持つオープンなコミュニケーション、ワークライフバランスなどの提供が求められている。


OKI 通信システム事業本部 企業ネットワークシステム事業部 事業部長 丸井武士氏
OKI 通信システム事業本部 企業ネットワークシステム事業部 事業部長 丸井武士氏


現在、ほとんどの企業では、決まった勤務時間や勤務場所、いつも同じデバイスを使って働くのが一般的だが、「いつでも、どこでも、どんなデバイスを使っても働けるようにすることがワークスタイルの変革につながる」と丸井氏は主張する。


ワークスタイル変革で必要なことは?
いつでも、どこでも、どんなデバイスを使っても働けるようにすることがワークスタイルの変革につながる

 

時間・場所・デバイスがコミュニケーション阻害の3大要素

どのようなワークスタイルを目指すにせよ、重要なのが社内外とのコミュニケーションだが、丸井氏によれば、コミュニケーションを取る上で制約となるファクターとしてはまず“時間”が挙げられるという。勤務時間や移動時間、海外拠点との時差などだ。この制約を取り払うため、移動時間や待ち時間に業務を行ったり、直行直帰を認めたりすることが求められている。

また、深夜や早朝に海外拠点とコミュニケーションを取るために勤務時間に幅を持たせたり、在宅勤務を認めたりすることも重要だ。「こうしたことを実行することで、意思決定のスピードがアップし、ビジネスにスピードを持たせられる」


“時間”によるコミュニケーションの制約と変化
“時間”によるコミュニケーションの制約と変化


“場所”もコミュニケーション上の制約となる。勤務場所がホームポジションとなるが、自宅や出張先、移動中などでも働ければ効率よく業務を進められるようになる。丸井氏は、「その実現手段としてテレワークがあるが、導入している企業はまだ少ない」と指摘したうえで、在宅勤務について、集中力が高まることで勤め先で働くよりも2割ほど生産性が高まるというデータもあることを紹介した。

また、「出張先や移動中に業務を行うモバイルワークやサテライトオフィスの活用、フリーアドレスを導入することも検討課題に挙げたい。それらを行うことでBCP対策にもなる」と丸井氏は強調した。

さらに、“デバイス”もコミュニケーション上の制約となる。PCの持ち出しが禁止だったり、社内用と社外用の電話が別だったり、タブレットの使用が限定的だったり、個人端末の業務利用が禁止だったりといったことである。

これらの制約の解決策としては、セキュリティツールの利用でデバイス管理を行ったり、FMCなどで社内外の電話端末を共通化したり、タブレット端末用のコミュニケーションツールを利用したり、MDMを利用してBYODを実現したりするといったことが挙げられるという。

スペシャルトピックスPR

necpf1711
nec1711
hpearuba1711

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます