企業ネットワーク最前線

ワークスタイル変革Day 2014 レポート

OKI丸井氏「時間・場所・デバイスにとらわれない柔軟な働き方をoneUCで実現」

文◎百瀬崇(ライター) 2014.10.03

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

OKIの丸井武士氏は9月4日に開催された「ワークスタイル変革Day 2014」で、「いつでもどこでも、どんなデバイスを使っても働けるようにすることがワークスタイルの変革につながる」と、具体的な活用例を挙げながら同社のUCシステムの特徴などについて紹介した。


OKIの丸井氏は、ワークスタイル変革が今求められている理由を3つ挙げる。

1つめは会社の経営課題を解決するため。事業のグローバル化とそれに伴う社員の働き方の変化、そしてITセキュリティの高度化などへの対応が迫られている。

2つめはオフィスツールの基盤整備を行うため。コミュニケーションやコラボレーションの基盤を見直すだけでなく、ビッグデータを活用するための基盤を作ったり、ハイブリッドクラウドを各種基盤と組み合わせたりする必要がある。

3つめは働く人の価値観が変化しているため。働きやすい仕事環境や相手に対して思いやりを持つオープンなコミュニケーション、ワークライフバランスなどの提供が求められている。


OKI 通信システム事業本部 企業ネットワークシステム事業部 事業部長 丸井武士氏
OKI 通信システム事業本部 企業ネットワークシステム事業部 事業部長 丸井武士氏


現在、ほとんどの企業では、決まった勤務時間や勤務場所、いつも同じデバイスを使って働くのが一般的だが、「いつでも、どこでも、どんなデバイスを使っても働けるようにすることがワークスタイルの変革につながる」と丸井氏は主張する。


ワークスタイル変革で必要なことは?
いつでも、どこでも、どんなデバイスを使っても働けるようにすることがワークスタイルの変革につながる

 

時間・場所・デバイスがコミュニケーション阻害の3大要素

どのようなワークスタイルを目指すにせよ、重要なのが社内外とのコミュニケーションだが、丸井氏によれば、コミュニケーションを取る上で制約となるファクターとしてはまず“時間”が挙げられるという。勤務時間や移動時間、海外拠点との時差などだ。この制約を取り払うため、移動時間や待ち時間に業務を行ったり、直行直帰を認めたりすることが求められている。

また、深夜や早朝に海外拠点とコミュニケーションを取るために勤務時間に幅を持たせたり、在宅勤務を認めたりすることも重要だ。「こうしたことを実行することで、意思決定のスピードがアップし、ビジネスにスピードを持たせられる」


“時間”によるコミュニケーションの制約と変化
“時間”によるコミュニケーションの制約と変化


“場所”もコミュニケーション上の制約となる。勤務場所がホームポジションとなるが、自宅や出張先、移動中などでも働ければ効率よく業務を進められるようになる。丸井氏は、「その実現手段としてテレワークがあるが、導入している企業はまだ少ない」と指摘したうえで、在宅勤務について、集中力が高まることで勤め先で働くよりも2割ほど生産性が高まるというデータもあることを紹介した。

また、「出張先や移動中に業務を行うモバイルワークやサテライトオフィスの活用、フリーアドレスを導入することも検討課題に挙げたい。それらを行うことでBCP対策にもなる」と丸井氏は強調した。

さらに、“デバイス”もコミュニケーション上の制約となる。PCの持ち出しが禁止だったり、社内用と社外用の電話が別だったり、タブレットの使用が限定的だったり、個人端末の業務利用が禁止だったりといったことである。

これらの制約の解決策としては、セキュリティツールの利用でデバイス管理を行ったり、FMCなどで社内外の電話端末を共通化したり、タブレット端末用のコミュニケーションツールを利用したり、MDMを利用してBYODを実現したりするといったことが挙げられるという。

スペシャルトピックスPR

nec1707
emc
yamato1708

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティングの全貌
<Part 1>いま大注目のエッジとは? <Part 2>工場で始まったエッジ革命
<Part 3>シスコ事例にみる使い方と実装方法
<Part 4>ドコモが考えるエッジコンピューティング

● [インタビュー]大阪大学教授 三瓶政一氏「5Gは4Gまでとは根本的に違う」 ●基礎から学ぶ「CASB」 ●ビデオ会議で注目の「ハドルルーム」 ● Bluetooth meshで大規模IoT ●NTTコム、eSIM実験の狙い ●自律走行型ロボットで働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ロジクール

スペシャルトピックス

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ws2017
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます