企業ネットワーク最前線

【Spring Japan】iPadでマニュアル電子化!LCCの低価格&安全運航の一翼を担うタブレット

文◎重森大(ITライター) 2014.08.20

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

低コストな航空輸送を実現するLCC(格安航空会社)。成田空港を基点に国内各地に就航するSpring Japan(春秋航空日本(株)以下、Spring Japan)も、そうしたLCCの1社だ。低価格とはいえ、安全性や情報伝達の精度に妥協は許されない。コストを抑えつつ、より安全な運航を実現するために採用したのがiPadだった。

ドキュメント管理の負担を軽減、ミスも削減

こうしてSpring Japanは、多くの航空会社が紙媒体での管理を続けるなか、マニュアル類をiPadで管理する体制を採り入れた。「これまでなじんできた手法」とは大きく違ったが、運航乗務員にはすぐ歓迎されたという。作業負荷軽減の効果が、非常に大きかったからだ。

「期日までに正確に差し替え作業を行うのは、想像以上に精神的な負担になります。それにマニュアル類の閲覧も、紙よりずっと楽になりました。何冊にも分かれたファイルから関連項目を探すのは“勘と経験”が必要な作業でしたが、iPadならキーワード検索で関連項目を横断的に把握できます」(竹内氏)

Spring Japanが使うiPadとmoreNOTEの組み合わせなら、管理者が情報を更新したその日から、全員が確実に最新のドキュメントを参照できる。運航乗務員は、ドキュメントの管理作業から解放され、運航業務に集中できるようになったのである。

 

iPadでフライトの打ち合わせ
ドキュメントの管理から解放され、運航乗務員は運航業務に集中できるようになった。フライトに関する打ち合わせも、iPadで最新のドキュメントや情報を参照しながら行っている



管理側の効果も大きかった。マニュアル類の更新のたびに、何十部も差し替え資料を作成して運航乗務員に配布する必要がない。moreNOTEのサーバー上のドキュメントを1回更新するだけで、全員分の対応が完了する。また、更新した情報を各自が受け取ったかどうか、既読履歴を管理できるのもポイントだと松井氏は言う。

「法改正があると、その施行日までに全乗務員に最新のドキュメントを配布し終えなければなりません。moreNOTEなら既読日時の情報が残るので、確実に配布を終えているという証跡も残せます」(松井氏)

 

安全性、利便性の向上に確実な効果を実感

iPad導入の効果は、見えない部分で利用者にも及んでいる。LCCの場合、就航先の空港に接客スタッフ以外の地上スタッフを配置しないことが多い。そのため現地の気象情報やフライトスケジュールの調整などについては、拠点空港のスタッフに無線で尋ねる必要がある。

「弊社では運航乗務員の“手元”にiPadがありますから、地上でドアが開放中の場合に限られますが、インターネットを使って詳細な気象情報や運航情報にリアルタイムにアクセスできます。最新の情報や予報をもとに、フライトの調整を行うことができます」(竹内氏)

例えば、周囲の天候状況により、しばらく離陸が難しい場合には、搭乗の案内自体を遅らせるなどの対応も可能だ。すぐに離陸できるかどうかわからない状況で搭乗し、機内で長時間待たせてしまうよりも、空間に余裕があり、売店や化粧室などが完備された待合スペースの方がゆったりと待ってもらえるという配慮だ。

インターネットが手軽に使えるようになったことのメリットは他にもある。iPadがなければ運航乗務員はメールなどの連絡を数日に一度、オフィスの共用PCでチェックするしかない。しかし現在Spring Japanの運航乗務員はいつでもどこでもiPadでチェックすることができる。

 

フライト前の客室乗務員とのブリーフィングにも、iPadは欠かせない
フライト前の客室乗務員とのブリーフィングにも、iPadは欠かせない



「iPadは“メリットばかり”と言って過言ではありません。航空法の規制緩和も国際的な流れになっているので、iPadを活用できるシーンはこれからもっと増えるでしょう。そうなれば、より効率的で安全な運航に寄与していくと思います」(竹内氏)

安全に100パーセントはない。「だからこそ、1つひとつの作業をおろそかにせず、100パーセントを目指して努力を積み上げていく必要があります」と竹内氏は語る。マニュアル類の確実な配布、手軽に素早く閲覧できる操作性、必要なときに必要な情報を得られる環境など、フライトの安全性、利便性の向上の一翼をiPadが担っているのだ。

スマートデバイス/クラウド活用事例

スペシャルトピックスPR

bmtech1806
iijglobal1806
ms1804

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoT FUTURE CITY
 [IoTは暮らしをどう変えるか]“おらが街”もデジタル化
 [柏の葉スマートシティ]IoT事業創造の一大拠点に
 [Fujisawa サスティナブル・スマートタウン]持続的に成長する街を
 [Fukuoka City LoRaWAN]IoTで変化を生み出す街


◆[インタビュー] NEC 河村厚男常務「キャリア事業を構造改革」 ◆「日中間通信」の課題と攻略法 ◆ソフトバンクが日本初のNB-IoT ◆モバイル市場の公正競争の今後 ◆急成長するシスコの“サービス”事業

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

CASO新技術のホワイトボックス
M2Mルーターは「切れない接続」

Foxconnグループでホワイトボックスを展開するCASO。

東京エレクトロンデバイスグローバル企業のSaaS活用を後押し
マルチクラウド化の準備はCASBで

マルチクラウドを一元的に管理したい。そんな望みを叶えられる。

拠点・モバイルをつなぐだけ!
クラウドの安全はシンプルに守る

クラウド利用の拡大とともに複雑化するセキュリティ課題を解決!

NetskopeCASBでクラウドはどこまで操れるか
既存のセキュリティとどう違う?
 

Netskopeを例にCASBの機能と使い方、メリットを整理した。

ソフトバンクソフトバンクがSMB向けの
ソリューションパートナー募集!

働き方改革を中心に新たなソリューション開発を支援する。

日本マイクロソフトSkype for Businessを
快適に使いこなすコツとは?

UCの導入効果を最大化するためには備えが必要だ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション20180226
iot22
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます