企業ネットワーク最前線

【在宅介護がiPadで変わる!】開始2カ月で2000人超のケアマネに広まったカイポケタブレット

文◎太田智晴(編集部) 2014.06.26

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

在宅介護の現場で中心的役割を担うケアマネジャー。その業務をiPad Airにより支援するサービス「カイポケタブレット」が今年4月から始まった。利用者の数は開始2カ月で2000人を突破。ケアマネジャーの業務負荷削減に貢献するのに加え、介護サービスの質向上にもつながる点が、急速に広まっている理由だ。

iPad Airを選んだ理由は「安定供給」「開発効率」「有名度」

エス・エム・エスでは、カイポケタブレットのアプリをあらかじめインストールしたうえで、KDDIの3G/LTE通信サービスが付いたiPad Airを、希望する会員に無償貸与している(1台まで)。無料なのは、カイポケ経営支援サービスの月額利用料の中に、機器レンタル代や通信費などが含まれているからだ。

数あるタブレットのうち、iPad Airを選んだ理由は3つあるという。

1つめは、安定供給できること。カイポケ経営支援サービスを利用する居宅介護支援事業者すべてにタブレットを配布していくと考えると、端末を安定供給できるかどうかは極めて重要なポイントだった。その点、iPad Airの信頼性は高い。

2つめは、開発の効率性だ。端末をiPad Airに絞れば、アプリケーション開発を大幅に効率化できる。

そして3つめは、iPad Airが非常に有名なハードウェアであることだ。「ケアマネジャーの方は、『タブレットを触るのは初めて』という方がほとんどです。しかし、iPad AirであればCMなどで知っていますから親近感もあるでしょうし、家族や友人などに使っている方も多いはずですから、操作に困っても周りに聞くことができます」

KDDIのiPad Airを採用する決め手となったのは、運用面での安心感からだったという。

「今後、数千台、数万台のiPad Airをレンタル提供していくとなると、運用が非常に難しくなることが予想できました。いくつかの通信キャリアさんに相談するなかで、『KDDIとなら一緒に最適な運用モデルを作っていけそうだ』という安心感、信頼感を持てたことが一番大きかったです」

実際これまでのところ、非常にうまく運用できているそうだ。「細かなトラブルはもちろんありますが、そのたびに『こんなことがありました』と情報を上げてくれるうえ、『こう変えていきましょう』という改善案も素早く提案してくれます」と大日向氏は評価する。

通信品質にも満足している。「会員は全国に広がっているので、どこかしら『電波がつながらない』ところが出てくるだろうと思っていました。しかし、そうした声は今のところ1つも上がっていません」

今年4月から提供が始まったカイポケタブレット。iPad Airの配布台数は、配布開始から53日後の5月中に累計2000台を突破した。「自信はありましたが、予想以上の好評です」と手応えを語る大日向氏が掲げる目標は、カイポケタブレットを牽引役にカイポケ経営支援サービスの会員を増やし、2017年4月までに2万台のiPad Airを配布すること。

この目標が達成されたとき、日本の在宅介護の効率性やサービスの質も、大きな飛躍を遂げていることになる。

スマートデバイス/クラウド活用事例

スペシャルトピックスPR

yamaha1709
uniadex1709
yamaha1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】セルラーLPWAでGO!
●LTE-MとNB-IoTの違い/●世界のセルラーLPWA商用展開マップ/●注目セルラーLPWA事例 ほか

◆[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 大野友義氏「対話型AIであらゆる生活を革新」 ◆LTEコードレス「sXGP」- 自営PHSから自営LTEへ ◆OTTも参戦!海底ケーブル市場の今 ◆ネットワーク監視ツール ◆働き方改革で拡大する法人スマデバ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ET展

スペシャルトピックス

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
emc
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます