導入事例

NEXCO西日本、OpenFlow/SDNを交通管制システムに採用

文◎business network.jp編集部 2014.05.01

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

西日本高速道路(NEXCO西日本)は2014年4月30日、OpenFlow/SDNを採用した新たなネットワークの構築を今年3月に完了したと発表した。OpenFlow 1.3.0対応のスイッチを採用している。NEXCO西日本は今回構築したOpenFlow/SDNネットワークを活用し、災害による致命的なダメージにも対応できる新しい交通管制システムを実現する計画。

NEXCO西日本ではこれまで、道路管制センター単位で複数台の装置を設置することで、被災しても機能が停止しないように備えていた。さらに今回、交通管制システムのサーバーを仮想化技術により統合・共通化するとともに、全45拠点をOpenFlow/SDNネットワークで接続。ある道路管制センターが致命的なダメージを被った場合、OpenFlowの集中制御機能を活用し、情報板などの本線設備の接続先を被災していない他支社の道路管制センターに切り替える。これにより、短時間で最低限の機能を補完を実現する。


OpenFlow/SDN技術を活用したバックアップへの移行イメージ
OpenFlow/SDN技術を活用したバックアップへの移行イメージ


従来、他支社の交通管制システムに切り替えるには、数千カ所に及ぶ本線設備ごとに設定変更する必要があった。このため、完全に機能が停止した場合、復旧には少なくとも数日かかる見込みだったという。しかし、新システムではOpenFlowにより、数分程度でバックアップへの切り替えが可能になるとのこと。

NEXCO西日本は現在、このOpenFlow/SDNネットワークを活用した交通管制システムの構築を順次進めているところで、2015年度末までには新システムへの移行が完了する予定だという。

スペシャルトピックスPR

skyley1708
ibm1708
checkpoint1706

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代の新ビジネス創出戦略
<Part 1>5G革命の本質とは? - 主戦場は「リアル」で「シリアス」な領域へ
<Part 2>5Gで超現実の感動体験 - ポストスマホ時代のビジネスチャンス
<Part 3>人手不足も5Gが救う - AI・4K・5Gが三種の神器に

● [インタビュー]OKI 常務 坪井正志氏「“IoTのOKI”実現の準備は整った」 ●LPWA「ローラ」ネットワークの選び方 ●データセンターインターコネクト(DCI)最新動向 ● 新LPWA規格「Weightless-P」が日本上陸

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
WS変革Day2017 B

スペシャルトピックス

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
iot14
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます