企業ネットワーク最前線

IDC入谷氏「第3のプラットフォームへの投資で出遅れる日本企業」

文◎百瀬崇(ライター) 2014.05.01

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

「企業がイノベーションを起こすために、ITインフラの変革が求められている」――。IDC Japanの入谷光浩氏は2014年4月に行われたA10ネットワークスのプライベートイベント「A10 Forum 2014」で講演し、こう主張した。そこで必要とされるのが、同社の提唱する「第3のプラットフォーム」への移行だ。


「クラウドとビッグデータ、モビリティ、ソーシャルビジネスの4つを柱とするのが『第3のプラットフォーム』。この第3のプラットフォームが今、企業で構築されようとしている」

IDC Japan ソフトウェア&セキュリティ シニアマーケットアナリストの入谷光浩氏によると、第3のプラットフォームが構築されるようになったのは2006年からのこと。過去を遡れば、メインフレームを中心とした「第1のプラットフォーム」と、クライアントサーバーで構築された「第2のプラットフォーム」の時代が続いてきた。

IDC Japanが提唱する「第3のプラットフォーム」
 

コンシューマー向けのITが企業でも活用される時代

3つのプラットフォームの違いについて、入谷氏はユーザー数やアプリケーションの数などを挙げて説明した。

1964年から始まったとする第1のプラットフォームは、全世界のユーザー数が数百万人程度であり、アプリケーションも数千種類ほどしかなかった。ITプロダクトは企業向けに設計されたもので、「ハードウェアだけでなくソフトウェアによるサービスも提供され始めた」という。

第2のプラットフォームは1981年を起点とする。ユーザーが数億人規模に増加し、アプリケーションも数万種類規模に増えてきた。ITプロダクトは企業向けにデザインされているが、それをコンパクト化、シンプル化させてコンシューマーにも提供されるようになった。「(先進国では)誰もがITプロダクトを使うようになり、それによってITを活用したビジネスも生まれてきた」と入谷氏。

そして第3のプラットフォームでは、ユーザーが数十億人規模となり、アプリケーションは数百万規模に増えてきた。ITプロダクトの多くはコンシューマー向けに設計され、機能を拡張したものを企業が利用するようになった。「様々な情報をもとに人々の生活やビジネスにイノベーションを起こしていく時代を迎えており、2020年には第3のプラットフォームが主流になっているはずだ」


第1・第2・第3のプラットフォームそれぞれの特徴
第1・第2・第3のプラットフォームそれぞれの特徴と違い


入谷氏は第3のプラットフォームの事例をいくつか紹介した。そのうちの1つが、米国の自動車保険会社によるビッグデータ活用。米国の自動車保険会社は、顧客の車の修理手続きまで行う必要があるが、米国の国土は広大だ。なかには雹(ひょう)がよく降る地域もあり、従来、雹が降ると車の修理の要望が殺到し、自動車保険会社の担当者はそのたびに苦労を強いられていた。

だが、ビッグデータを活用することで、天気予報や地理的な特徴など、様々な情報を集めて分析できるようになった。そしていつ雹が降るのか、どの地域に降るのか、その地域にはどんな車種が多く、どんな部品が必要となるのかといったことを予測し、あらかじめ自動車修理工場の手配を行えるようになったのだという。「こうしたことを行うためにはイノベーションを起こす必要であり、それにはいくつかのポイントがある」と入谷氏は話す。

 

スペシャルトピックスPR

recomot1710
IBM1710
nec1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます