企業ネットワーク最前線

IDC入谷氏「第3のプラットフォームへの投資で出遅れる日本企業」

文◎百瀬崇(ライター) 2014.05.01

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

「企業がイノベーションを起こすために、ITインフラの変革が求められている」――。IDC Japanの入谷光浩氏は2014年4月に行われたA10ネットワークスのプライベートイベント「A10 Forum 2014」で講演し、こう主張した。そこで必要とされるのが、同社の提唱する「第3のプラットフォーム」への移行だ。


「クラウドとビッグデータ、モビリティ、ソーシャルビジネスの4つを柱とするのが『第3のプラットフォーム』。この第3のプラットフォームが今、企業で構築されようとしている」

IDC Japan ソフトウェア&セキュリティ シニアマーケットアナリストの入谷光浩氏によると、第3のプラットフォームが構築されるようになったのは2006年からのこと。過去を遡れば、メインフレームを中心とした「第1のプラットフォーム」と、クライアントサーバーで構築された「第2のプラットフォーム」の時代が続いてきた。

IDC Japanが提唱する「第3のプラットフォーム」
 

コンシューマー向けのITが企業でも活用される時代

3つのプラットフォームの違いについて、入谷氏はユーザー数やアプリケーションの数などを挙げて説明した。

1964年から始まったとする第1のプラットフォームは、全世界のユーザー数が数百万人程度であり、アプリケーションも数千種類ほどしかなかった。ITプロダクトは企業向けに設計されたもので、「ハードウェアだけでなくソフトウェアによるサービスも提供され始めた」という。

第2のプラットフォームは1981年を起点とする。ユーザーが数億人規模に増加し、アプリケーションも数万種類規模に増えてきた。ITプロダクトは企業向けにデザインされているが、それをコンパクト化、シンプル化させてコンシューマーにも提供されるようになった。「(先進国では)誰もがITプロダクトを使うようになり、それによってITを活用したビジネスも生まれてきた」と入谷氏。

そして第3のプラットフォームでは、ユーザーが数十億人規模となり、アプリケーションは数百万規模に増えてきた。ITプロダクトの多くはコンシューマー向けに設計され、機能を拡張したものを企業が利用するようになった。「様々な情報をもとに人々の生活やビジネスにイノベーションを起こしていく時代を迎えており、2020年には第3のプラットフォームが主流になっているはずだ」


第1・第2・第3のプラットフォームそれぞれの特徴
第1・第2・第3のプラットフォームそれぞれの特徴と違い


入谷氏は第3のプラットフォームの事例をいくつか紹介した。そのうちの1つが、米国の自動車保険会社によるビッグデータ活用。米国の自動車保険会社は、顧客の車の修理手続きまで行う必要があるが、米国の国土は広大だ。なかには雹(ひょう)がよく降る地域もあり、従来、雹が降ると車の修理の要望が殺到し、自動車保険会社の担当者はそのたびに苦労を強いられていた。

だが、ビッグデータを活用することで、天気予報や地理的な特徴など、様々な情報を集めて分析できるようになった。そしていつ雹が降るのか、どの地域に降るのか、その地域にはどんな車種が多く、どんな部品が必要となるのかといったことを予測し、あらかじめ自動車修理工場の手配を行えるようになったのだという。「こうしたことを行うためにはイノベーションを起こす必要であり、それにはいくつかのポイントがある」と入谷氏は話す。

 

スペシャルトピックスPR

nec1707
emc
microsoft1705

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながる工場の
   ネットワーク入門

  <Part 1>一般オフィスとはココが違う!産業用イーサネットの世界
  <Part 2>工場IoT化の教科書 <Part 3>つながる工場の守り方

● シスコシステムズ 執行役員 A・マッティー氏「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」 ● ソニー、100km飛ぶ「独自LPWA」で世界狙う ● ビジネスチャットの「つぶやき」で働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ライムライトネットワークス Cbanner

スペシャルトピックス

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます