新製品&新サービス

A10ネットワークスが100GbE搭載のADC最高位機種

文◎百瀬崇(ライター) 2014.04.21

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

A10ネットワークスの小枝逸人社長

A10ネットワークスは2014年4月17日、同社のADC(アプリケーションデリバリーコントローラー)「Thunderシリーズ」に4機種を追加すると発表した。100GbEポートを搭載する機種もある。

新製品の紹介に先立ち、A10ネットワークス代表取締役社長 兼 CEO アジアパシフィックジャパン ヴァイスプレジデントの小枝逸人氏は、3月21日に米A10 Networksがニューヨーク証券取引所に上場したことを報告。「これによって新たな成長を築いていく1つの大きなマイルストーンを無事、通過することができた」と話した。

A10は2004年の創業時から、いかに高速にユーザーのインターネット環境を保つかを追求して開発に取り組んできたという。その核となる技術が、同社独自のソフトウェア「ACOS」(Advanced Core Operating System)である。ACOSとハードウェアとの組み合わせにより、A10はADC製品「AXシリーズ」を2007年に市場へ投入した。

その後、スマートデバイスが普及し、さらにIoTやウェアラブルデバイスに注目が集まるようになる。「常につながっている時代から、思いついたら情報がほしい時代になってきた。頭に思い浮かんだ瞬間に調べて情報を得るというライフスタイルがすでに現実として現れつつある」(小枝氏)

こうした時代の変化に対応するため、A10が2013年にAXシリーズの後継として投入したのが「Thunderシリーズ」となるという。

100GbEインターフェースを4ポート備えたThnder 6630

今回発表されたのは、ミッドレンジモデルの「Thunder 4430/4430S」と「Thunder 5430/5430S」、ハイエンドモデルの「Thunder 5630」「Thunder 6630」の4製品。


Thunderシリーズのミッドレンジ・ハイエンドモデルのラインナップ
Thunderシリーズのミッドレンジ・ハイエンドモデルのラインナップ


ハイエンドモデルのThunder 6630は、A10のラインナップのなかで最高位機種となるもの。100GbEのインターフェースを4ポート搭載している。また、Thunderシリーズのなかでは最多のCPUコア数を搭載。従来の最高位機種である「Thunder 6430」が10コアを2つ、合計で20コアを搭載しているのに対して、Thunder 6630は12コアのCPUを2つ、合計で24コアを搭載している。これにより、Thunder 6430よりもレイヤ4CPS(コネクション/秒)が30%以上向上している。


Thunder 6630
Thunder 6630


筺体はThunder 6430が1Uだったのに対し、Thunder 6630では3Uになっている。その分、SSLチップを多く搭載できるため、今後、増え続けるSSLのトラフィックにも対応できる。SSLのCPSは、Thunder 6430よりも30%向上するという。

ADCが100GbEのインターフェースを持つメリットはいくつかある。1つは大容量バックボーンへの接続性の確保。「通信キャリアやISP、トラフィックが多い研究所といったところでは大きなメリットとなる」とA10ネットワークス APJ ビジネス本部APJソリューションエンゲージメント ソリューションアーキテクトの高木真吾氏は説明した。また、10GbEの光ファイバーを10本よりも100GbEのものを1本の方が引き回し易く、コスト的にも10GbEのインターフェースを10個買うよりも100GbEを1つ買った方が安くなるという。

「Thunder 5630」は、「AX 5630」というAXシリーズのハイエンドモデルのチューンナップ版。AX 5630は2+1の電源ユニットで完全冗長ではなかったが、Thunder 5630では、完全冗長の2+2にしてあるという。AX 5630のチューンナップ版のため、ASICは最新のFTA-3ではなくFTA-2を搭載している。

ミッドレンジの新製品も2機種を発表した。1つは「Thunder 4430」で、ベースモデルのほかにSSLのアクセラレータを付加した「Thunder 4430S」モデルがある。従来機「AX 3400」の次世代版であり、最新のCPUとFTA-3を搭載している。レイヤ4CPSはAX 3400と同程度だが、AX 3400ではFTAを2つ搭載していたのに対し、FTA-3を1つにしてコンポーネントの数が減らしたため、消費電力が約5%下がる。また、SSLの処理性能も向上しており、AX 3400に比べ、最大3.5倍の処理能力を持つ。

もう1つは「Thunder 5430-11」で、ベースモデルとSSLのアクセラレータを付加した「Thunder 5430S-11」がある。従来機の「Thunder 5430」をチューンナップした製品であり、CPUのコア数が8コアから10コアになっている。「レイヤ4のCPSも35%アップさせている。また、SSLの処理性能もThunder 5430と比べて60%ぐらいアップしている」(高木氏)という。

新製品の価格は、Thunder 4430のAC電源モデルが1055万9000円(税別、別途テクニカルサポート費用が必要)から。全モデルとも5月12日から受注を始め、出荷開始はThunder 4430/4430SとThunder 5430/5430Sが5月19日。Thunder 5630とThunder 6630が2014年第2四半期からになる。

 

スペシャルトピックスPR

yamaha1710
softbank1710
recomot1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます