新製品&新サービス

シスコがOpenFlow対抗のサウスバウンドAPI「OpFlex」を発表

文◎太田智晴(編集部) 2014.04.15

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

シスコ シニアバイスプレジデント
グローバル データセンター/
バーチャライゼーションセールス
フランク・パルンボ氏

シスコ独自のSDNアーキテクチャといえるACI(Application Centric Infrastructure)。そのオープン戦略のカギとなるサウスバウンドAPI「OpFlex」が発表された。OpenFlowと違って、簡単なポリシーを定義するだけで動的なプロビジョニングが実現できるという。


大きな変革のときを迎えているデータセンターネットワーク――。ネットワークベンダー各社は「SDN」をキーワードに解決策を提供しようとしているが、これとは一線を画すかたちでシスコが提案するのが「Application Centric Infrastructure」(ACI)である関連記事

シスコシステムズは2014年4月15日に開催した記者説明会の中で、ACIに関するアップデートを行った。

 

サウスバウンドAPI「OpFlex」をIETFで標準化

ACIは、アプリケーション中心のネットワークインフラを実現するものだ。アプリケーションに必要な要件を記述したポリシーを定義しておくだけで、インフラのプロビジョニングを自動で行えるため、アプリケーションの展開を効率化できるという。仮想マシンだけでなく物理的なワークロード(ベアメタル)、多くのハイパーバイザーに対応するのも特徴である。

ACIは、コントローラの「Application Policy Infrastructure Controller」(APIC)、データセンター向けスイッチの「Nexus 9000シリーズ」、そしてサードパーティのロードバランサーやファイアウォールなどで構成されるが、今回そのサウスバウンドAPIである「OpFlex」が発表された。


OpFlexの概要
OpFlexの概要


OpFlexはAPICと様々なベンダーの仮想/物理スイッチ、L4-7デバイスとのインターフェースとなるプロトコルで、シスコ本社のシニアバイスプレジデントであるフランク・パルンボ氏は「シスコだけが仕様を書いているわけではない」とオープンな取り組みであることを強調した。現在、F5ネットワークスやシトリックス・システムズ、マイクロソフト、IBMなど8社と共同で、IETFでの標準化に取り組んでいるという。


OpFlexの標準化作業に参加するベンダー一覧
OpFlexの標準化作業に参加するベンダー一覧


SDNのサウスバウンドAPIといえば、OpenFlowが有名だが、「OpneFlowは非常に細かいところまで命令しないといけない。このため、ある程度のスケーラビリティが必要な場合は、管理が難しくなる。こういうこともあり、OpenFlowは普及が進んでいない、あるいは大規模な環境では使われていない」とプロダクトマネージャの及川尚氏は解説。

対してACIおよびOpFlexは、「非常にシンプルなポリシーを定義するだけで、あとはコントロールプレーンとデータプレーンが自動でやってくれる」とその優位性を強調した。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

yamaha1708
macnica1708
nokia1708

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ET展

スペシャルトピックス

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
emc
iot15
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます