導入ガイド

ユニファイドコミュニケーション導入・構築のポイント(前編)

クラウド型UCの導入前に知っておきたい3つの課題

文◎坪田弘樹(編集部) 2014.02.12

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

クラウドの普及によりユニファイドコミュニケーション(UC)が導入しやすくなった。だが、既存システム/ネットワークとの連携において、新たな課題も出てきている。UC導入・構築の現場で浮上している課題をレポートする。


電話とメールを中心とした既存のコミュニケーション環境からユニファイドコミュニケーション(UC)へと移行するには、UC基盤製品やアプリケーションを導入するだけでなく、ネットワークインフラの再整備・構築、電話設備や認証基盤といった既存システムとのインテグレーション作業が伴う。

下の図表は、日本マイクロソフトのMicrosoft Lyncを例に、電話システムと統合したUCシステムの構成イメージを図示したものだ。ディレクトリ・認証システム、セキュリティ等も含めたサーバー群と、ネットワークインフラ/端末、そして既存の電話設備が連携する。


図表 UCシステムの構成イメージ(Lync2013 エンタープライズボイスの例)
UCシステムの構成イメージ(Lync2013 エンタープライズボイスの例)


このように、IT、ネットワーク、そして音声と幅広い領域におよぶUC構築においては、留意すべきポイントも多岐にわたる。

そこで、実際のUC導入・構築の現場では今、どのような課題やニーズが生じているのか、複数ベンダーの製品・サービスを扱ってUCを手掛けているSIer、三井情報、ユニアデックス、NECネッツエスアイの3社に取材し、UC導入の実態とシステム構築の課題を整理した。2回に分けてレポートする。

クラウドで浮上するUCの新課題

UCの導入形態の最近の傾向として見逃せないのが、クラウド型UCサービスの利用が増加していることだ。IM(インスタントメッセージング)やプレゼンス、メール、スケジューラ、VoIP/ビデオ通話、遠隔会議などを小規模に低コストで使い始められるため、これをUCの入口とするユーザーも多い。

三井情報はシスコシステムズの「WebEX」、グーグルの「Google Apps for Business」、日本マイクロソフトの「Office 365」と、各種のサービスを取り扱っている。次世代コミュニケーション事業本部市場開発部部長の吉澤比呂志氏は、「これまで我々がオンプレミス型で作ってきたかなりの部分が、サービスでできてしまう。今、お客様はUCに入りやすい状況」と話す。

今後は、こうしたパブリック型のクラウドサービスを入口として、その後オンプレミス型や、両形態を連携させたハイブリッド型へ移行する動きが増えるだろう。その流れに沿って、今回はまず、クラウド型UCの導入企業が抱える課題を整理する。

SIer各社のUC担当者が強調するポイントは、ID管理・認証基盤の統合、IMのログ管理、そしてトラフィックの把握の3点だ。

 

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

sony1706
yamaha1704
caso1704

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】FUTURE NETWORK
    未知なるネットワークとの遭遇

    2020年5Gの旅/地球丸ごとIoT化計画/NWに知性が宿る
    IPの“限界”を超える日/人類未踏のテラヘルツ波 ほか

● NTTコミュニケーションズ 取締役 ネットワークサービス部長  大井貴氏
● モバイルセキュリティ最新動向  ● NB-IoT商用化の準備整う!
● ドコモ・KDDIのドローン戦略 ● 仮想化でビーコン運用の課題を解決

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ヤマハWLX402

スペシャルトピックス

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

ランサムウェア対策機能などを備えたSMB向けクラウドサービスが始まる。

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション5月号
isobe170420
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます