企業ネットワーク最前線

ワークスタイル変革Day 企業モバイル活用フォーラム2013レポート

シトリックス竹内氏「企業がいま目指すべきは“ビジネス全体”のモバイル化だ」

文◎太田智晴(編集部) 2013.10.22

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

「ビジネスをモバイル化するということは、“変化”への柔軟な対応を実現することに他ならない」――。ビジネス環境が急速に変化するなか、企業は業務全体をどのようにモバイル化していけばいいのか。そのカギを握る仮想デスクトップやMAMなどについてシトリックスの竹内裕治氏は語った。


単に外出先からメールやスケジュールを見たいといったニーズには最早とどまらない。「業務全体、ビジネスそのものをモバイル化したいという声が近年、非常に強くなってきた」。シトリックス・システムズ・ジャパンの竹内裕治氏は、9月10日に行われた「企業モバイル活用フォーラム2013」でこう述べた。


シトリックス・システムズ・ジャパン 竹内裕治氏
シトリックス・システムズ・ジャパン テクノロジー&ソリューションズ シニアマネージャー 竹内裕治氏


多くの企業が、ビジネスそのもののモバイル化を目指し始めた背景には、いくつかもの要因がある。例えば、デジタルネイティブ世代の台頭。これからのITシステムは、スマートフォンのほうが文字を早く入力できるような若い世代に使い易いものでなければならない。

また、自然災害の相次ぐ発生や不安定なビジネス環境も挙げられる。いかなる状況に直面してもビジネスを継続していくためには、「モバイルが当たり前になる必要があると、多くの方が気付いている」(竹内氏)のだ。

では、業務全体のモバイル化、すなわち「モバイルワークスタイル」はどのように実現していけばいいのだろうか。「BYODのため」「在宅勤務のため」と個別にソリューションを検討していくアプローチでは十分でないというのがシトリックスの考えだ。

「私どもの考え方はインフラを変えていくということ」。竹内氏は、モバイルワークスタイルの礎となるインフラの在り方とシトリックスの取り組みについて紹介した。

「“VDIは専用型”という固定観念は取り除いて」

現在のIT環境は、Windows中心の世界だ。業務全体をモバイル化していくうえではまず、Windows PC向けに作られた既存のITシステムとデスクトップ環境のモバイル化が大きなテーマとなるが、「シトリックスは創業以来、画面転送のテクノロジーを中心に、Windowsの世界をいかにモバイルで使い易くするか」に取り組んできたという。

VDI(仮想デスクトップインフラストラクチャ)を実現する「XenDesktop」である。IDCの調査によれば、シトリックスはワールドワイドなクライアント仮想化ソフトウェア市場においてシェア45.0%と「ダントツの1位」となっている。


クライアント仮想化ソフトウェア市場の世界売上シェア
クライアント仮想化ソフトウェア市場の世界売上シェア。シトリックスが2位を大きく引き離して1位となっている


竹内氏がXenDesktopの特徴としてまず紹介したのは、VDI以外の方式にも1つの製品で対応できることだ。FlexCastデリバリーテクノロジーにより、社内の物理PCに外からアクセスする「リモートPC」、ローカルデバイスにバーチャルマシンをインストールすることでネットワークに接続していない状態でも利用可能な「クライアントハイパーバイザー」などもサポートする。


シトリックスが提供できる多彩なデスクトップ環境
シトリックスが提供できる多彩なデスクトップ環境


VDIについても、専用型とプール型の両方が利用できる。専用型とは、ユーザーごとに専用のバーチャルマシン環境を提供するタイプ。「物理PCの環境をそのまま移行できる」のが一番のメリットだという。一方、「非常にコスト効果が高い」のがプール型だ。

竹内氏は、専用型のみのケースと専用型とプール型の組み合わせたケースのコストイメージを比較したうえで、「“VDIは専用型”という固定観念はまず取り除いて、柔軟なやり方があるということを押さえてほしい」と語った。


専用型とプール型を組み合わせることでVDIのコストは最適化できる
専用型とプール型を組み合わせることでVDIのコストは最適化できる

スペシャルトピックスPR

watchguard1712
cyvereason1712
paloalto1712

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながるクルマが「移動」を変える
     モビリティIoT革命


◆[インタビュー]シスコ鈴木専務「IoTの幻滅期をいち早く経験したシスコは他社の1年先を行く」 ◆920MHz帯“大混雑時代”の対応策に ◆LPWAで地域活性化に挑む藤枝市 ◆handyがホテルの客室電話を変える ◆ネットワークセキュリティの新常識 ◆IoTルーター/ゲートウェイの最新トレンド

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
日本IBM

スペシャルトピックス

サクサ中小企業も容易にセキュリティ対策

サクサのUTM「SS5000」は、コンパクトながら充実機能。外部だけでなく内部の脅威にも対応できる。

Office 365ADCでOffice 365通信の課題解決!

Office 365通信の課題であるプロキシ/FWの負荷増大と運用の複雑化を一気に解決するのがADCだ。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンネットワークとPCを同時に守る!

ウォッチガードはNW防御にエンドポイントでのセンサー技術を組み合わせ、包括的で効果的な対策を実現!

サイバーリーズンAIで攻撃の兆候をリアルタイム検知
既知だけでなく未知の脅威も防御

AIを活用した独自分析技術で、悪意ある振る舞いを検知するEDR製品。

パロアルトネットワークスGTP-C/GTP-Uのセキュリティ強化
次世代FWをモバイル網に適用

携帯電話事業者のネットワークは次世代ファイアウォールが守る。

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

「マルチキャリアで冗長化したい」「シリアルI/Fなど既存環境に手を加えたくない」といった声に応える。

アットマークテクノ柔軟な拡張性・出荷実績30万台の
安心感の日本製IoTゲートウェイ

ASEAN中心に認証を取得で、IoTシステムの海外展開にも便利だ。

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション201712
wj2018
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます