ICT×未来

<座談会>移動通信市場の行方を語る

【第1回】トラフィック爆発とネットワークの進化――WiFiオフロードへの期待は間違い

司会◎土谷宜弘(月刊テレコミュニケーション編集長)、構成◎坪田弘樹(編集部) 2012.07.09

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

通信市場が構造転換の時を迎えている。4Gへの進化、アップルやグーグルなどのOTTとのしのぎ合いのなかで、キャリアは新たなビジネスモデルを確立していけるのか。上智大学の服部武教授、東京大学の森川博之教授、情報通信総合研究所の岸田重行主任研究員の3人の識者に展望を語ってもらった。


――これからの移動通信市場を展望するうえで核心となるポイントは何か。どういった点に最も注目されているのか、お聞きします。


岸田 スマートフォンブームによって、通信事業者を中心とした従来のエコシステムが大きく変わりつつあります。

最も重要なのは主役が変わったことです。従来は、端末もネットワークも、そこで利用されるコンテンツ等も含めて通信キャリアがトータルに設計しながらサービスを行っていました。

しかし今や、アップルやグーグルが主役になりつつあります。彼らが主導権を持つことで、悪く言えば市場が振り回されている状態になっています。今は、新しいエコシステムを作っていく過渡期ですが、これがどういう形で落ち着くのかを注視しています。

森川 私も同じで、例えばアップルのような垂直統合型のビジネスと、通信キャリアとの力関係がどう推移していくのかに興味があります。

例えば、キャリアはHTML5をかなり注視しています。これを使えば、OSや端末、つまりアップルやグーグルのプラットフォームに依存しないアプリ提供の幅が広げられるからです。アップルやグーグル等が主導権を持ったまま進むのか、あるいはキャリアが盛り返すのか。そのパワーバランスに注目しています。

服部 「OTT(Over the Top)」と呼ばれるプレイヤーのビジネススタイルと、キャリアのビジネスモデルのしのぎ合いは今後数年続いていくでしょう。それが、通信市場を大きく左右します。

――ネットワークを資源として収益を上げる従来のビジネスとはまったく異質なモデルと対抗、あるいは協調しながら新しいキャリアの姿を作っていかなければならないわけですね。

服部 通信料金で収益を上げるモデルはすでに崩れ始めています。定額制もその要因の1つです。

トラフィックの増大がネットワークに多大な負荷を与えていますが、根本的な解決策はまだ見えていません。収容能力を高めるために設備を増強するのは大切ですが、それでは解決にはなりません。

ネットワークの付加価値をこれ以上落とさず、むしろ高めていくために抜本的な対策を打つ。そうした方向に舵を切っていかなければならない大切な時期に来ています。


(左から)東京大学 先端科学技術研究センター 教授 工学博士 森川博之氏、上智大学 客員教授 工学博士 服部武氏、情報通信総合研究所 グローバル研究グループ 主任研究員 岸田重行氏

WiFiへのトラフィックオフロードの課題とは?

――いくつかポイントがでました。それでは、基盤であるネットワークインフラの進化という点から話を進めましょう。これについては、トラフィック爆発への対応と、ネットワークそのものの付加価値向上という2点が焦点になります。まず、トラフィック対策については、WiFiオフロードが解決策としてクローズアップされています。

服部 一般の見通しとは違って、私はWiFiに注目するのは間違いだと思っています。WiFiは基本的には、インドアで使うものです。アクセスポイント(AP)をいくら設置してもカバーできるエリアはごくわずかに過ぎませんし、複数の事業者が競争し合ってAPが増えれば増えるほど、干渉が起こって使えなくなる。過度に期待するのは危険です。

岸田 まったく同感です。WiFiも重要であることは間違いありませんが、問題も多い。最大の課題はやはり電波干渉で、運用面の工夫をよほど上手くやる必要があります。

森川 混み合っている2.4GHz帯から5GHz帯への移行が進んでいますが、これも根本的な解決にはなりません。いずれ同じ問題が生じます。

服部 WiFiは通信品質を保証していないもので、オフロードのためにそれを「使ってください」といっても、ユーザーにはそのインセンティブがありません。例えば、WiFiを使った分だけ料金が安くなるといった、ユーザーにとってメリットのある仕掛けをしない限りは、WiFiが解決策になることはないでしょう。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

palo1804
casb1804
kccs1805

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】プライベートLTEと
   5G URLLCの世界

[第一部]プライベートLTE 
●“Wi-Fi超え”の企業無線/●プライベートLTEを構築しよう [第二部]5G URLLC ●5Gの目玉「URLLC」とは?/●202X年、5Gはこう使う

◆[インタビュー] NTT 篠原弘道副社長 「B2B2Xで広がる可能性」 ◆クラウド管理型無線LAN ◆WAF ◆光伝送で進むオープン化

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

CASO新技術のホワイトボックス
M2Mルーターは「切れない接続」

Foxconnグループでホワイトボックスを展開するCASO。

東京エレクトロンデバイスグローバル企業のSaaS活用を後押し
マルチクラウド化の準備はCASBで

マルチクラウドを一元的に管理したい。そんな望みを叶えられる。

拠点・モバイルをつなぐだけ!
クラウドの安全はシンプルに守る

クラウド利用の拡大とともに複雑化するセキュリティ課題を解決!

NetskopeCASBでクラウドはどこまで操れるか
既存のセキュリティとどう違う?
 

Netskopeを例にCASBの機能と使い方、メリットを整理した。

ソフトバンクソフトバンクがSMB向けの
ソリューションパートナー募集!

働き方改革を中心に新たなソリューション開発を支援する。

日本マイクロソフトSkype for Businessを
快適に使いこなすコツとは?

UCの導入効果を最大化するためには備えが必要だ。

日本ビジネスシステムズ“電話”からはじめる働き方改革!

日本ビジネスシステムズのクラウドPBXは、働き方改革を目指す日本企業にピッタリのIP電話サービスだ。

Dialpadピュアクラウドで進化し続ける電話

「PBXを買いたくない」「電話回線を引きたくない」。そんな企業に最適なクラウドテレフォニーがある。

東京エレクトロンデバイスIoTデバイス特化のAIで異常検知

IoTデバイスを狙ったマルウェアが急増中だ。ZingBox IoT Guardianは、IoTに特化したAIで検知する。

Aruba次世代NACでIoTの脅威をブロック

Arubaの次世代NACはエージェントレスでIoT端末にも対応! リスクを検知し有害端末を隔離できる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション20180226
ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます