新製品&新サービス

中小規模ネットワークに「ジャストフィット」——アバイアが省スペース&省電力の新スイッチ

文◎百瀬崇(ライター) 2012.06.04

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

日本アバイア ネットワーク営業部
ネットワーキング ソリューション マネージャー
山中幸代氏

日本アバイアが中堅企業および大企業のブランチオフィス向け新スイッチを投入する。卓上設置や壁かけ可能な小型モデルの用意、省電力性能、動作温度50℃への対応などが特徴だ。


日本アバイアは2012年6月1日、中小企業や大企業の小規模拠点向けのスイッチ「Avaya Ethernet Routing Switch 3500シリーズ(ERS 3500)」の提供を開始した。

製品発表会ではまず、日本アバイア 代表取締役社長のロバ—ト・スチーブンソン氏が同社の経営戦略について言及。「アバイアは音声から始まり、ユニファイドコミュニケーション(UC)へとビジネス領域を広げてきたが、今はさらにビジネスコラボレーションにまで拡大させている最中だ」と語った。


日本アバイア 代表取締役社長のロバ—ト・スチーブンソン氏
日本アバイア 代表取締役社長のロバ—ト・スチーブンソン氏


また、スチーブンソン氏は、「企業ユーザーと同じ視点を持ち、初めにネットワークありきではなく、アプリケーション中心にネットワークを考えていきたい」とも話した。企業ユーザーはネットワークがあるから何かに使おうと考えるのではなく、アプリケーションを使いたいからそのためのネットワークを構築しようと考える。

さらに、スチーブンソン氏は、企業の間で急速に普及しつつあるスマートデバイスにも言及。スマートデバイスは様々なシーンで利用されることから、「いつでも、どこでも、どのデバイスでも次世代コラボレーションに最適なネットワークを」というキャッチフレーズを掲げているという。

さて、今回は発表されたERS 3500シリーズのメインターゲットは中堅企業と大企業の小規模事業所だ。アバイアはこれまで主に大企業向けのスイッチを提供してきたが、大企業のなかには本社に高パフォーマンスなネットワーク製品を導入していても、地方の支店などには手が回っていない会社も少なくないという。それでは本社のネットワーク製品のパフォーマンスを活かしきれない。


10/100/1000Mbpイーサネット×8ポートとSFP×2ポート搭載でファンレス設計の「ERS3510GT」 10/100Mbpsイーサ×24ポートと、10/100/1000MbpsイーサまたはSFPのコンボポートを2つ搭載したファンレス設計の「ERS3526T」
10/100/1000Mbpイーサネット×8ポートとSFP×2ポート搭載でファンレス設計の「ERS3510GT」  10/100Mbpsイーサ×24ポートと、10/100/1000MbpsイーサまたはSFPのコンボポートを2つ搭載したファンレス設計の「ERS3526T」


そこでアバイアは、同社のスイッチでは最も規模の小さな事業所向けのERS 3500シリーズを市場に投入することで、「企業ネットワークのトータルなあるべき姿を提供する」(スチーブンソン氏)という。


エッジ向けからコア向けまで揃うアバイアのスイッチ製品ラインナップ
エッジ向けからコア向けまで揃うアバイアのスイッチ製品ラインナップ


ERS 3500シリーズの具体的な特徴を紹介したのは、ネットワーク営業部 ネットワーキング ソリューション マネージャーの山中幸代氏だ。6モデルをラインナップするERS 3500シリーズは、「中小規模ネットワークにジャストフィットする」以下の特徴を持っていると説明した。


ERS 3500シリーズの特徴
ERS 3500シリーズの特徴


まずは小型の10ポート搭載モデルを2種類用意していることで、卓上や壁面への設置も可能だという。また、従来の同社製品と比べて電力効率を80%以上改善したほか、低発熱、動作温度50℃も実現し、国内で高まる節電へのニーズに応えたとのことだ。

さらにファンレス動作対応モデルやPoE+対応のモデルも用意。24ポートモデルについては、ソフトウェアアップデートにより、スタッキングにも対応する予定だ。アバイア製のIP電話機の設定が自動で行われる「ADAC(Auto Detect Auto Config)」もサポートする。


6モデルあるERS3500シリーズのスペック比較表
6モデルあるERS3500シリーズのスペック比較表


ERS 3500シリーズの価格は最も安い「ERS 3526T」で850ドル(約7万円)からで、「値ごろ感もある」とスチーブンソン氏は強調。シリーズ全体で1万台の年間販売目標を掲げている。

スペシャルトピックスPR

logicool1709
yamaha1709
uniadex1709

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティングの全貌
<Part 1>いま大注目のエッジとは? <Part 2>工場で始まったエッジ革命
<Part 3>シスコ事例にみる使い方と実装方法
<Part 4>ドコモが考えるエッジコンピューティング

● [インタビュー]大阪大学教授 三瓶政一氏「5Gは4Gまでとは根本的に違う」 ●基礎から学ぶ「CASB」 ●ビデオ会議で注目の「ハドルルーム」 ● Bluetooth meshで大規模IoT ●NTTコム、eSIM実験の狙い ●自律走行型ロボットで働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ロジクール

スペシャルトピックス

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ws2017
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます